トレーニングと生活   

昨日で5回1クールのフリースタイル・レッスン、終わってしまいましたぁ・・・
やっぱり、アっという間だったなぁ・・・。ちょっと寂しい(; ;)
・・でも・・実は、今回のレッスンは「つづく」だったりするので(^m^)
ホントは次回が楽しみ♪(*^^*)うふふ

5回のフリースタイル・レッスンでは
フリースタイルについては勿論、沢山のことを学ぶことが出来ましたが
それ以外のことでも、私にとっては大変収穫の多いレッスンとなりました。

その中でも、私が「これだけは是非とも習得したい!!」と思ったこと
それはアテンションの持続
そして、私がもっとも念頭に置き、今後のトレーニングを進めていかなくてはならないこと
それは、早い段階での「オヤツ」の引き上げです。






Dr.ダンバーのセミナーでも
そのことについては、繰り返し何度も言っていました。

ルアーの使用も理想は6回~12回まで
(フリースタイルのポジションなどは丁寧に正確に教えないといけないので
12回では無理かも・・・)

最初のセッションからご褒美は分化強化に基づき減らしていき

なるべく早い段階でご褒美を全く無くすこと。

そして、静かに、しっかりと指示を出したことを犬にさせる。
(そこには「待て~ぃ!!」「フセ!!!」などといった恫喝など全く必要なく
ましてや、強制や体罰などといった正の罰なども全く必要ないのです)


フリースタイルにおいても
競技会などではオヤツなどのモチベーションはナシです。
そんな状況の中で、4分間も犬はアテンションを持続し
ハンドラーの指示に従って貰わないといけません。

それにはやはり、アテンションの持続とオヤツの引き上げが重要となってきます。

それは、生活の中でもとても重要なことです。
普段、4分間ずーっと集中して貰うような状況はあまりないかもしれないけど
オヤツやオモチャなどなくても、必要なときは集中できて
そういったモノを持ち合わせていない時でも、コマンドを聞くことが出来たら
飼い主と犬、お互いにとって、とても安全に、楽に、ストレスなく生活できると思うのです。

私は、フリースタイルやK9ゲームを楽しむことで
それらのトレーニングが生活の中でうまくリンクし
上手に活用できたらな♪と思っています。


「vi~たん、早くこっちへ来てちょうだい(おいで)」
「cocoちゃん、ちょっと悪いけど、危ないから右側へ移動してちょうだい(サッサ)」
「二人とも、ここでちょっと待っててね(待てよ)」
「cocoちゃん、ちょっとそれとって!(テイクして)」
「vi~たん、右足から拭きますよぉ~(右足あげて)」
なんて具合にね♪(^^)

by sacchimo724 | 2009-06-29 23:07 | トレーニング

<< SATS理解度.2 消化酵素 >>