Barking girl   

昨日も千葉県大網でフリースタイルのレッスンでした♪

その中で、以前から問題にしていた
まるで条件付けされたようなcocoの行動
バックの指示への「吠え」に対して質問してみました。

それに対するkuro先生の返答は・・・

自分の愛犬も演技中吠えます
そんな彼女を見ていると、とても惨めになります
それは、演技中うるさい。とか、人に迷惑だ。とか、そんなんじゃなく
吠えるということは、彼女はすごくフラストレーションを感じてるわけで
そんなストレスを与える状態にしてしまったことに対して
彼女に申し訳ない。と感じる。と...

その言葉に、さっちも衝撃が走りました
あぁ、私はcocoのそれを「要求吠え」として片付けようとしていたけれど
私も同じようなストレスをcocoに与えていたのかもしれない。と・・・

そしてkuro先生は
ボールでテンションが上がりすぎちゃうcocoに対して
今後はモチベーションをボールからオヤツに意向すべきであること。
cocoがセルフコントロールできるように
ボールを使ってcocoの自制心を育ててあげると良い。と
アドバイスをくれました。

何だか今まで霧がかかっていた景色が
さっと晴れたような気がしました。


Barking girlのcocoですが
フリースタイルの中では、ストレスを感じることなく
私と共同作業することを、楽しく感じて欲しいな♪と思うのさっちもなのです...



f0172341_2352351.jpg

レッスンでお友達になったヴィトンちゃん(左)とナナちゃん(真ん中)と♪
残念ながらフラットのアンドレくんと一緒の写真は撮れてませんでした(; ;)


Espressivoブログ、更新しました♪

by sacchimo724 | 2009-05-18 23:56 | フリースタイル

<< ポジションチェンジ 脱オヤツ作戦 >>